中国料理「帝里加」で 楽しいとりじゃがい”毛”メン

delika.jpg

汐留の高速地下の駐車場に知るヒトぞ知る中華料理店があるという。
ネタ元は、「散歩の達人」。
この雑誌らしいお店の拾い方が微笑ましくて、早速足を運んでみました。
「帝里加」と書いて、「デリカ」と読ませるらしいンだ。

郵便局前あたりdelika01.jpgから煤けた階段を下りて、薄暗い構内をきょろきょろ。 ん? あれですね~。
delika02.jpg
こんなところで暗がりの赤提灯delika03.jpgに誘われるとは(笑)。 店頭には、A定食、Bセットのサンプルが並び、ホワイトボードにはE定食の手書きもあり。 あれあれ、「とりじゃがい毛煮」になっちゃってますdelika04.jpgね~(苦笑)。 店内は男性客ばっかりでほぼ満員。 近所の建築現場の職人さんたちの姿も多くて、なんか飯場という雰囲気でもあります。 ホールを動き回る女性同士が大声で交わしているのは中国語(らしい)。 Bセットの「とりジャガイ毛メン」(どうも”モ”を”毛”と書いてしまうらしい)をご注文してみました。 ま、簡単に云ってしまえば、トッピングにジャガイモが入っているのが楽しいラーメンです。 delika05.jpg ぶつ切りの鶏肉や椎茸、ピーマンなんかと一緒にごろっと入っているのね。 delika06.jpg ズルズル。
でも店頭のサンプルには、この3倍くらい具が盛ってあったような気もします。麺もスープも極普通。ジャガイモを含めた具材ごろごろだったら、先のE定食がオススメなのかもしれません。 そしてなにより、定食にして580円という安さ!夜ともなれば普通値段があがることが多いのに、夜のABEは、500円ですぜ、旦那(って、誰?)。枝豆180円に始まるおつまみメニューもまた安い。 650円の「カキ味噌鍋」ってどんなかな。 「帝里加」 中央区銀座8-16汐留駐車場B1 03-3542-1270
column/02448

「中国料理「帝里加」で 楽しいとりじゃがい”毛”メン」への2件のフィードバック

  1. 帝里加、行ったんですか(笑)
    ディープですよね、文字通り(笑)
    ベロメーター破壊系なのでなかなか近寄れません(笑)

  2. Re;ロレンスさま
    うほ~、こんなところに~、てなあたりは惹かれる要素がありますが(笑)。
    さらに、うわっ、スゲうまっ、だったりするとパラダイスなのですけどね(苦笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*