洋食「さんばん」で うまうまジャーマンライスの謂れはワカンナイ

sanban.jpg


少々アテが外れて、武蔵小山をプチ徘徊。 と、赤いテントを歩道に張り出したお店を見つけました。 近づくと、味あるショーケースsanban01.jpgを綺麗に整えていて、古いながらも草臥れていない、そんなちょっとした気概を感じさせてくれます。 今宵は、そんな町の洋食屋「さんばん」さんsanban04.jpgで。

テーブル4卓はどれも空いている。 小さなテレビが置かれていて、そこへ向かい合うように座りました。 水を運んでくれるオバチャン。厨房にはご主人らしきオッチャン。ご夫婦で営まれているようです。 メニューの筆頭は、野菜入りポタージュ。続いてみそ汁100円(笑)。「オムライス」は別掲だけど、それ以外は「玉子料理各種」って括られちゃってます。あとは、「メンチカツレツ」にはじまる揚げ物系に「ビーフシチュー」「スパゲッティナポリタン」「マカロニグラタン」と日本の洋食屋の王道メニューがラインナップ。 そこで、「ジャーマンライス」というどっかで見聞きしたようでいて、正体の判然としないメニューに挑んでみました。 正円なグラタン皿の白にコントラストをつけるように、デミソースの黒褐色、玉子の黄色、ケチャップの赤、そしてピーマンの緑色が挿し色になっています。 なんか、いい感じ。 sanban02.jpg スープンの先をそこへ挿し入れて掬うと、トッピングとソースに隠されていたケチャップライスが顔を出しました。 おー、ご飯のひと粒ひと粒がほろほろとしていて、デミソースのコクも麗しく、意外と云っちゃー失礼だけど(笑)、なかなかイケる。 sanban03.jpg はふはふ。おかあさん、ウマイっす。 ところで、なんで”ジャーマン”なの?と訊いたら、「どうして?」って聞き返されちゃった。 いや、あの、なんでかなぁって…。 そして、厨房に訊くでもなく、「ワカンナイわよ~」。 だはは、なんかそんな空気感も楽しく思えてしまうのですな。 そうそう、ミートソースのバターライス添え、と添え書きのある「グレッキュライス」も気になります。


「さんばん」  品川区小山4-3-14 [Map] 03-3787-8033 [閉店]
column/02447

「洋食「さんばん」で うまうまジャーマンライスの謂れはワカンナイ」への2件のフィードバック

  1. 雰囲気、変えましたね!
    ソーセージやじゃがいもが入っていれば“ジャーマン”という傾向はあるけど、それもなさそうだし、ドイツ国旗にはピーマン(緑)は余計だし・・・「どうして?」(笑)

  2. Re;ロレンスさま
    いや~、設定の再構築に苦闘しまして(ぽりぽり)。
    勢いこの際、いろいろ手直ししようかと重い腰を挙げてみました。
    まだ色々模索中です。アドバイスください(笑)。
    そうなんですよ~。ポテトグラタンが載った感じかなぁと想像はすっかり的外れでした~。今度オッチャンに直接訊かないと?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*