洋食「スイス」で メンチカツ香ばしくスパイシー

suisse.jpg新橋の定番洋食「スイス」でランチと洒落込みました。化粧合板が似合う懐かしい食堂チックな造りが微笑ましく、そこに集うのはオヤジ男性陣オールなところが潔い。マジックインキでギュギュっと書かれたメニューには、「カレー」「カツカレー」から「ロースカツ」「チキンカツ」「カニコロッケ」「ハンバーグ」と飾らない直球ガッツリのタイトルが並んでいます。その文末にあるのが「メンチカツL」。やっぱ”L”っつーぐらいだからデカいんだろうなぁと思案していたら、ふと大井町「ブルドック」のメンチが脳裏に浮かんできちゃった。いやいやあれは困る(笑)。で、ノーマル「メンチカツ」をいただくことに、スル。おお。Lじゃなくてもそれなりに大きいメンチカツどういう訳か、表面がゴツゴツとしてキャベツの上に置いた茶色く乾いた溶岩のよう。ググっとナイフを入れて食めば、香ばしくスパイシー。これはこれで、いいじゃんねーと自答しながらススムご飯。玉葱の甘さがイジラシイ。むはむは。さすがにちょっと口の中がパサついてきたかもと思いながらふと、隣のテーブルを見るとオッチャンがカップスープらしきものを啜っている。もしかしてお店のオバチャン忘れてるのではと思ったけど、そうではなくて、「ランチ」以外はスープが別途になっているそう。セットにしてくれててもいいのになぁ。 「スイス」 港区新橋3-5-13 B1 03-3501-2722 口related column:>キッチン「ブルドック」(過去記事)
column/02401

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*