季節料理・銘酒処「和田家」

wadaya.jpg身近にお昼を済ませようと、ご無沙汰の「和田家」2階へ。黒板メニューには中とろ、かんぱち、中おちの「さしみ三点盛り合わせ」に始まって、「銀むつ照焼」「めだい照焼」「まぐろ照焼」の照焼シリーズ、そして日替わり「白身魚の野菜あんかけ」、定番「さばみそ煮」と続いています。ん~、迷うぅ(笑)。そうね、久々に「づけ丼」800円にしてみましょうか。「はい、おまたせぇ」。ぬははぁ~、例によって大振りに刻んだ鮪の身がごろごろとどんぶりを埋め尽くすように載っています。中とろにあたるようなところも少なからず含まれていて、その盛りは多重多層。掘っても掘ってもまぐろ。間違いなく、ご飯の厚さを凌駕しております。やっちゃってるなーと笑いながら、むはむしゃ。あ、やっとご飯がみえてきた。鮪の甘さと酸味を強過ぎずキリッと引き出している漬けタレの具合もなかなかで、嬉しい。界隈でお昼に困った時には「和田家」。夜もお待ちしております(笑)。そういえば、「和田家」の社長、元気かな。 「和田家」 中央区日本橋茅場町3-7-9 03-3664-9593 口related column:>季節料理・銘酒処 「和田家」(過去記事[1] 過去記事[2]
column/00718再会

「季節料理・銘酒処「和田家」」への4件のフィードバック

  1. 1年ちょっと前に楽しく飲んだお店、名前を忘れてしまい
    あれこれ調べるうちに、それが「和田屋」であることが
    わかりました。
    酒は飲めないが、やたら詳しい店員さんがいて、
    その口車に乗ってw どんどん飲んでしまった
    記憶があります。
    今月中に、紹介してくれた友人ともう一度行ってきますw

  2. Re:puzzさま
    かつては、昼にランチして、夜同じテーブルで呑んでる、なんてこともありました (^.^) 。
    当時の若社長ももう、すっかり若くなくなりました (笑)。

  3. 本日、昼ご飯に伺い、
    中トロブツ刺しの定食を
    頂きました。
    あまり大食漢ではないのですが、
    たっぷりのブツに御飯が足り
    なくなり、半膳だけ御飯を
    お代わりしました。
    夜の部も再挑戦したいっすw

  4. Re:puzzさま
    ああ、”たっぷりのブツ”。
    文脈がないとちょっと怪しげですが(笑)、そうですね、ご飯とのバランスを嬉しく欠いていますもんね。
    久々に食べに行こうかなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*