ら~めん「ぽっぽっ屋」本店

poppoyya.jpgちょっとグッとしたところを啜りたくなって、久々の小伝馬町「ぽっぽっ屋」に行ってみました。今夜のディナーは「油そば」(笑)。つまりは汁なしってことにもなるのですが、さてどんなんでしょう。乱切り粗微塵切りした生の玉葱がどさどさっと盛られたどんぶり。底の方にぐいっと箸の先を挿し入れて、ひっくり返すように麺やら具やらを掻き混ぜる。底に仕込まれた、油というよりは濃いめのスープを全体に塗すようにする。中央に載せられた玉子もぐにゅんと崩してね。でも、すっかり混ざるまでは我慢できずに(笑)、麺を引っ張り上げて啜ります。太く量感のある縮れ麺にクッと歯の先が入っては、小麦粉の風味で押し返してくる。わしわし喰う感じが官能的ですらある。玉葱のほどよい辛みが、一見もっさりとしていそうなどんぶりをスッごく軽妙なものにしてくれているンだ。崩れるチャーシューの旨味もいいアクセント。ありゃま、あっと云う間に食べちゃった。そもそもそんなにしつこくないのが「ぽっぽっ屋」だけど、例えば、「ジャンク・ガレッジ」とはまた違う魅力があるね。そしてその小宇宙に大満足。夜のみメニューの「塩らーめん」もいっときたいな。 「ぽっぽっ屋」本店 中央区日本橋小伝馬町16-12 03-3666-2151 口related column:>まぜそば「ジャンク ガレッジ」(過去記事) >ら~めん「ぽっぽっ屋」日本橋店(当時、過去記事)
column/00700再会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*