中華そば「井出商店」で 雑味なき豚骨スープに細麺中華そば

ideshoten.jpg初めて降り立つ和歌山駅。 駅前のロータリーから田中町という交差点目掛けて国体道路を進むと、辺りから漂う豚骨臭。 うっほほー。 まだお店まで距離がありそうなのに、早くも匂いで歓迎してくれるとは嬉しいでないの(笑)。 中華そば「井出商店」。 紅い暖簾を潜ると女性客が3人ほど。こじんまりした店内に、懸命に麺を啜る音だけがしています。デフォルト「中華そば」で。「特製中華そば」は、チャーシューの量が多いんだそうだ。
殻を剥いて用意していた玉子を投入した「中華そば」。ideshoten02.jpgまずはどんぶりを持ち上げて、スープをひと啜り。 ideshoten03.jpgへー。「天下一品」のようなドロッと具合を想像していたためか、意外に軽いとろみに少し驚く。豚骨スープの魅力を直球で煮出しながら、雑味なくすうっとしている感じ。若干強めの醤油が味わいに芯を作っている。 こんなスープには当然の細ストレート麺。ideshoten04.jpgやや柔めに思えたので、固めでお願いできればいいのかもしれません。 ideshoten05.jpg テーブルに置かれていた「早すし」を中途でカジりつつ、ぺろっと完食。 久々のスープ完飲ideshoten06.jpgであります。 ideshoten01.jpgああ、待望の「井出商店」にやっと出会えました。
「井出商店」 和歌山市田中町4-84 073-436-2941
column/02383

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*