鳥料理「鳥勢」

torisei.jpg夜にはコーチン鍋が旨いという錦の老舗「鳥勢」でランチ。「鳥勢」のお昼は、やきとりどんぶりの「鳥丼」から「ワッパ定食」3種、「唐揚げ定食」までの5本立て。「霜ふり定食」をいただきましょう。湯引きしたささみ肉が綺麗なライトピンクの断面を見せています。まずは塩をもらってパラリとして噛めば、滲みでるようでいてしっかりとした旨味。続いて、生姜醤油にちょんと浸していただくと、味の輪郭がよりはっきりとしてきて、ご飯にも合うものになる。銘柄を訊き損なってしまったけれど、名古屋コーチンの笹身、ということでよろしいのでしょうか。お隣の「ワッパ定食」のわっぱめしもなかなか美味しそう。カウンターの中では、たっぷりとした量のネタをねちゃねちゃと手慣れた所作でつくねの棒に纏わせて、夜の仕込み中。ああ、夜に来て、焼き鳥から「みそ鍋」「コーチン鍋」までを楽しむのもまたいいだろね。 「鳥勢」 名古屋市中区錦3-19-24サンステンドビル 052-951-7337  http://www.torisei.jp/
column/02361

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*