大衆酒場「大山酒場」で ふるふる煮込みハムエッグス大徳利連山

ohyama.jpg「肉のまえかわ」を後にして、 情緒たっぷりディープゾーンの東小路を通り抜け、 JRの線路方向へ。 “大衆酒場”と記された赤い看板を目印にさらに細い路地へ折れ込んで、 古びたスイング扉の”押す”を押す。 軋む階段を上って「大山酒場」の二階へ闖入です。
シミに染まり、経年に凸凹した天井を見上げながら再びビールで乾杯だ。 ohyama15.jpgohyama02.jpgohyama04.jpg 早速貰ったにこみ」は、先日の「河本」の「煮込み」に似た風情で、 内側のコラーゲン的ふるふるが、旨い。 ohyama05.jpgohyama06.jpg 気合いの入った現役のコインボックスを眺めながら、「ハムエッグス」「ニラ玉」をいただく。 ohyama08.jpgohyama09.jpg この何の変哲もないところが、店内の昭和の匂いに呼応して和んでしまう。 冷やした「連山」をお願いすると、 懐かしいコカ・コーラの冷蔵庫から大徳利を取り出して注いでくれます。 ohyama10.jpgohyama11.jpgohyama07.jpg オムレツが7種類もあるねと、その中から「しらすオムレツ」を。ohyama12.jpgプレーンな中にしらすがたっぷし。 これまた和む酒肴でありますな。 緑青の浮いた湯煎のお燗器や懐かしのサントリーオールドのダルマボトル。 ohyama13.jpg往時を知らなくても味わえる懐かしい空気とセピアの色合い。 ohyama14.jpg入れ替わり立ち替わり呑兵衛たちがやって来る「大山酒場」。 訊けば、創業44年になるのだそう。 ずっとこのままここにあって欲しい。そんな気持ちを抱かせます。 今宵のご同席は、「肉のまえかわ」に引き続き、「くにろく 東京たべある記」のくにさん「ゆきむらな食生活とか」のゆきむらさんでした。 口関連記事:   やきとり 「肉のまえかわ」(同日記事)   居酒屋 「河本」(07年08月)


「大山酒場」  品川区東大井5-2-13[Map] 03-3474-4749 [09/03月閉店]
column/02353

「大衆酒場「大山酒場」で ふるふる煮込みハムエッグス大徳利連山」への7件のフィードバック

  1. 先日はどうもありがとうございました。
    大山酒場は昭和情緒あふれてましたね。
    なんといっても安いのがいいです。ビックリ低価格でお財布にもやさしいですよね~(^^)

  2. Re;ゆきむらさま
    お疲れサマでした。
    界隈はまだまだ探検し甲斐がありそうです。
    ちょこちょこ訪ねたいと思ってます!

  3. 昔々、何回か行きましたヽ( ´ー`)ノ
    1階は蛍光灯が妙に明るくて落ち着かないです(笑)
    一度はお目当てのお店が満杯で、
    お嬢様育ちの女性二人を連れて行きました(汗
    大画面のテレビが威容を誇っていましたが、
    今はどうでしょう?
    今度は焼鳥屋さんに行きませんか?

  4. Re;ロレンスさま
    そういえば、2階も蛍光灯が煌々としていました。
    東小路の焼鳥屋ですか? いいっすね~(わくわく)。
    そのお嬢様育ちのおふたりもご一緒に(笑)?

  5. 東小路楽しいとこですねえ。
    ここの煮込みはかなり気に入ってしまいました。
    また大井町行きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*