Bar et Restaurant「Le jardin des saveurs」でトリップ煮込

saveurs.jpg 新橋演舞場へと至る、演舞場通り。 そこでにトリコローレな旗を下げているのがフランス料理「ル・ジャルダン・デ・サヴール」です。 1階はバーカウンターにもなっていて、クイックなランチをいただけるようですが、今日は階下のレストランへ降りてみましょう。
階段の先には、Rを描くカウンター。 左手に半透明のスクリーンで仕切られたテーブル席があります。saveurs01.jpgsaveurs02.jpg前菜と主菜を選ぶ「2皿のコース」をお願いしました。 他に客がなく、柔和な笑顔も魅力の中澤シェフと凡そ差し向かい。 手鍋に向かうシェフの様子に自然と視線を注いでしまいます。 鮮やかな青と白のコントラストを魅せる、青空に浮かぶ雲とコックコートをモチーフしたお皿saveurs03.jpg。 そのお皿に重ねられたアミューズは、サフランで風味付けした蜆のスープでゼリー寄せにした冬瓜。saveurs04.jpg蜆の滋味と冬瓜の涼味が軽快に舌の上を滑って行きます。 前菜に「人参のポタージュ」。saveurs05.jpg優しい人参の風味がクリーミーなコク味を伴って、運ぶスプーンが止まらない。 後味がきりっとしているのは、利かせた胡椒の活躍か。 主菜にと選んだのが、「トリップの煮込みアニス風味野菜添え」。saveurs06.jpg saveurs07.jpg煮込んだ蜂の巣のソースとトッピングの野菜のソースとが交差している。 トロンとしつつ独特のキュっとした食感をも同時に伝えるトリップ。 ここでも後味にスパイシーな風味が追いかけてきて、 さっきのポタージュと同調している。 胡椒じゃなくて、これがアニスシードの風味なのかしらん。 デザートは「黒胡麻のブランマンジェとチョコのアイス」。saveurs08.jpgアイスに微かなリキュールの匂いがした。 店名の「Le jardin des saveurs」とは、“風味の庭”という意味らしい。 帰りがけに、弘兼憲史の漫画の一遍が額に入れられているのに気がついた。 サービススタッフに訊くと、中澤シェフが南青山のお店の頃に、伝説の料理人を描いた弘兼氏原作の映画にレクチャーしたことがあって、その時の記念として手にしたものなのだという。 オープンキッチンに漂う風格は、並じゃないなとは思いましたが、 なるほど名のあるシェフなのですね。 「Le jardin des saveurs」 中央区銀座6-16-11 銀座山本ビル [Map] 03-3542-2200  http://www.saveurs.jp/
column/02351

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*