割烹「初島」

hatsushima.jpgニュー新橋ビルもほど近い、新橋らしい路地の一角。一間半ほどの間口の料理屋さんの一軒にお邪魔してみました。草色の暖簾に積年の風合いが滲んで、味ある風情を醸しています。店頭のホワイトボードに「初島ランチ」とあって、焼魚にサバ、紅鮭、サンマ、煮魚にあら煮、銀むつ煮と書かれています。さらに、各刺身付きとあって、半々もできます、とある。お皿を追加するのじゃなくて、端っから焼魚と煮魚を両方食べれるのって、それだけでなんだかイイ感じ。えーとえーと、それでも迷ってしまうのだ。さんざん悩んで、柔和で丁寧な応対でお酒の好きそうな(笑)大将に願いしたのは、紅鮭と天然鯛のあら煮。鯛の下顎の牙の脇。クチビルがクニクニとして超旨い。そして、さらに堪らんのが目の裏側のフルフルなところ。うー、うめぇぇ。濃い目の煮付け具合も素敵なのであります。じゃ、焼魚の紅鮭はどうかというと、焼き立てジューシーで鮭の香りと甘さがストレートに楽しめる感じ。ほどよく焦げた皮がまたいいンだな。小鉢の刺身もついでみたいな生半可な刺身じゃない。鯖あたりはひとキレだけなのが寂しくて、「〆さば定食」にしたいな、かなんか思ってしまう代物。十分な出汁に生姜を利かせたお椀もこれまたイケテいる。あれあれ、ご飯もお新香もヌカリないじゃん。これはまいった。夜にもまた来たいです。きっと混んでるンだろうね。 「初島」 港区新橋3-13-2 03-3578-0486
column/02339

「割烹「初島」」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*