うなぎ「遠州」本店

enshu.jpg古美術店街とも呼ばれる老松通りの一角に、”関西風炭火焼”を掲げた鰻屋さんがありました。昼食サービスのメニューには、2,700円の「蒲焼定食」、そして上中並の「鰻丼」とある。大きさで区分しているという上中並から、「鰻丼」の中をいただきましょう。あいよってな調子で、通りに面した焼台に串に刺したうなぎが焼かれ始める。ピンクがかった赤い火はもちろん備長の炭だ。肝吸いに続いて届くのは、径が広く浅めの塗りのどんぶりというか椀というか。その蓋をすっと返すと、ほー、艶やかというよりはどこか野趣ある表情の蒲焼きのお目見えです。慌てて貪り食べる。うむうむ。たまり醤油なのかタレが甘い方向に濃くって、折角の蒸さないうなぎの香ばしさをちょっと相殺しちゃってる感じもする。痩せたうなぎを使っているわけではなくって、きっとこの路線が本来なのかもしれないけど、うなぎの身そのものにもフシダラな魅惑が欲しいなぁなんて思ってしまった。銀座「ひょうたん」のうなぎに感激して以来、蒸さないうなぎにも指向が向いているのだけれど、そうは云ってもいろいろあるっつーことなのね。かえって、関西風の鰻ももっと探求したいなぁと思わせてくれた「遠州」さんでありました。 「遠州」 大阪市北区西天満4-12-19 06-6364-6981 口related column > うなぎ「ひょうたん屋」の「中」うなぎ「ひょうたん屋」6丁目店の「うな丼」
column/02334

「うなぎ「遠州」本店」への4件のフィードバック

  1. はじめまして
    突然ですが、鰻屋:遠州は、2007/12/20を持って閉店となります。
    遠州の事をブログに書いて下さり、有難うございました。
    何とか続けて欲しかったんですけどね・・・
    私の力では、何ともなりません。
    鰻の骨も美味しいんですよ!
    もぅ、食べれないけど。。。

  2. Re;遠州の娘さま
    はじめまして!コメントありがとうございます。
    そうですか。閉めてしまうのですね。
    通りから目にした佇まいにも惹かれてお邪魔しましたが、再びお邪魔できないとなると、残念です。
    今度は「蒲焼定食」かなぁなんてぼんやり思っていたのですけど…。

  3. 関西在住ではないのですが、過去に近くへ出張のおりになんどか伺ったことがあります。
    今日ひさしぶりに西天満のあたりに行く機会があり、記憶をたどってたしかこの辺りと思ってお店を探してみたのですが見つけらず、土曜はお休みだったのかなと思っていました。
    残念ですが、お疲れさまでした。
    うなぎ、美味しかったです。ありがとうございました。

  4. Re:匿名さん
    秘かにずっと記憶に留めているヒトがまだまだいるのじゃないなぁとそう思わせるコメント、ありがとうございます。
    お店の方も娘さんも、きっと寂しくも嬉しく思うことだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*