和食「樹庵」で あばれまんじゅう赤米ご飯姐さん囲むサロン

jyuan.jpg木挽町通りを通る度に気になっていた「あばれまんじゅうセット」をいただくべく、「樹庵」さんへ。 店頭には涼しげに朝顔が咲いています。 狭い間口を奥へと伸びるカウンターに居並ぶのは、何故か全員がオジサマ。 その、夜な雰囲気から思わず「とりえずビール!」と云ってしまいそうになり、慌てて「あばれまんじゅう」をと、声を掛けました。 カウンターの中には、もしやオジサマたちの隠れアイドルかと思しき小料理屋の姐さん的オバサマたちが楚々として(?)立ち動いています。
さて、膳が届きました。 jyuan02.jpg「あばれまんじゅう」に事前知識がなかったもので、「熱いですから、気をつけて」といわれた、この刻み海苔てんこ盛りの鉢がそうかとしばし呆然となる。 海苔を掻き分けて探ると、餅状の白い肌が現れた。 jyuan04.jpg 匙で崩すようにしながら汁と一緒に掬うと、なるほど肉饅頭だ。 粗挽き肉の旨味をもっちりが包み、出汁豊かな汁に海苔の風味が溢れて、なかなか旨い。 お茶碗には赤米入りのご飯。 jyuan05.jpg 切干大根に大根や厚揚げを炊いたものに古漬け、と周囲を固める小鉢も気が利いている。 これに水菓子がついて、1,000円也。 なんだか不思議と満足な気分だ。 お茶を啜っている脇で、会計を済ませたオジサマに姐さんが云う。 「じゃ、また夜にね」。 嬉々として頷くオジサマ。 夜ともなれば姐さんを囲むサロンと化している様子を容易に想像させる、 そんなやりとりが微笑ましい。 きっと家庭的でありながらしっかりとした仕立ての酒肴がいただけるのでしょうね。
「樹庵」 中央区銀座4-13-14 03-3543-5840 [閉店]
column/02301

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*