浪花ひとくち餃子「餃々-チャオチャオ-」築地店

chaochao.jpg何故だか無性に餃子が食べたくなって、築地駅の階段上で通るたび目に留めていた此方でランチ。赤いスツールを沿わせた、奥へと伸びるカウンター。ずいっと奥めに陣取って、4種の餃子からふたつを選ぶ「お昼の餃子定食」を「チャオチャオ餃子」「特製餃子」でお願いすることに。7個が連なった「チャオチャオ餃子」は、ひとくちというよりは半口ぐらいのミニマムサイズ。まさに、”皮を食べる”タイプの餃子だ。白味噌の特製ダレを漬け食べれば、神戸の「ぼんてん」を思い出す。「チャオチャオ餃子」よりは一応大きい「特製餃子」でやっとこなんとかひと口サイズ。もちっとした皮を滑らかに練られた餡と一緒にいただく。あと、3皿くらいは喰えそうだ(笑)。そーいや、よく冷凍モノを買って帰る「点天」もひと口餃子(焼こうとして火傷したことを思い出す)。ジューシーな具がたっぷりの餃子もソソルけど、ひとくちで浪花な餃子も悪くないな。「餃々」は、標準10坪のコンパクト店舗で、大阪を中心に全国で40店舗ほどのフランチャイズ展開をしているようです。 「チャオチャオ餃子」築地店 東京都中央区築地2-10-7 03-3541-0244 http://www.gyozaya.com/
column/02286

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*