酒「善知鳥」

utou.jpg左にも右側にも気になるお店目白押しの阿佐ヶ谷北側の路地。「以前は満席で入れなかったンだ」といいながら縄暖簾を払った同行の士は、「お、空いてる」と小さく呟いて、促されるまま小上がりの奥へ。恭しくお品書きを広げる主人。そこには凡そ見聞きしたことのないお酒の銘柄が並んでいます。冷たくして呑むのがいいのか、燗に合うのか、ひや(常温を指す)でもイケルのか、といったところからの配置がされていて、さらには呑み口や出自の説明が付されている。選りすぐったそれぞれのお酒たちへの造詣と思い入れを感じさせます。久留米の瓶囲い特別純米酒「綾花」をひやでいただきます。すーっとクリアなのに柔らかな奥行きと旨味がある。おからのような穀物の薫りがして面白い燗酒は、なんと云ったっけ…。うん。長っ尻せず、一杯だけ舐めて、帰る。そんな使い方をしたい、近所に欲しい一軒です。 「善知鳥」 杉並区阿佐谷北2-4-7 03-3337-8734
column/02254

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*