BAR「GINZA SAMBOA BAR」

samboa_ginza.jpg「グレープ・ガンボ」でホロ酔いの足を、「銀座サンボア」へと向けました。テナントしていたビルの建て替えを契機にとかで移転した先は、エルメスの裏手なのです。路地から下った地階奥のドア。ドアの先の正面にスタンディングのカウンター。背後には他のどの「サンボア」よりもゆったりした配置でテーブルが並んでいました。肘を載せるのに丁度いい高さのカウンターに、それを眺める位置にいくつかの椅子がある。その様子は、北新地の店のような堂島の店のような。ひとまずハイボールをいただきます。ふと見たショーケースにあったボトルが気になって訊いてみる。ラベルのOwner’s nameをSAMBOA BARとした山崎蒸留所のシングルカスクが飾ってあったのです。舐めるグラスは、粗雑さのないアイラ、とでも云えばいいのか。こんなにスムースなピート香は他に知らないぞってな呑み口であります。これで再び全店制覇。も一度、北新地のお店にも寄ってみるかな。 中央区銀座5-4-7銀座サワモトビルB1F 03-5568-6155 http://www.samboa.co.jp/
column/02244

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*