Chinese Dining「弘喜樓」

kokiro2.jpgこちらのお店の夜の部にお邪魔するのは初めてだ。他のもテーブルも埋まっていて、なかなかの盛況です。奥の円卓へ。ビールから紹興酒に切り替えつつ、前菜の盛り合わせからの皿々をおまかせな流れでいただきます。特に目を惹いたのが生の「たらばがに」。透明な身と外子の橙が魅惑的。漬け込んだお酒が強過ぎて勝ってしまっているのがちと残念も、メゲずにはぐはぐちゅーちゅーする。フカヒレのスープや帆立と烏賊の唐揚げ、マコモ茸と牛肉の炒め物などなどを次々に。デザートの杏仁豆腐もすっきりとした甘さと杏仁粉の香りが、一ランク上のお味。ご馳走さま。退役する軍人(?)の送別で。 「弘喜樓」 中央区築地3-14-6 03-5565-9555
column/01648再会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*