ぎょうざ専門店「ぼんてん」で ビールにどんぴしゃ味噌ダレぎょうざ

bonten.jpg帰路に就く前に北野のカフェぇでちょっとオサレにサンドイッチでも齧ろうかと思いながら、結局辿り着いたのは南京町の外れ。 わさわさとした中華街の賑わいが一転してひっそりとした街角にあるぎょうざ専門店「ぼんてん」へ。 おー、ここかぁとお店に入ろうとして扉脇にひっかけてあるプレートに気がついた。 売り切れ仕舞い、という趣旨の言葉が並ぶ。 えぇっ。

伺うように「も、もう終わりですか?」と訊くと、「なんぼ食べんねん?」。 「あ、いや、2人前くらいで」。 「よっしゃ、そんくらいなら食わしたろ、もうあと5人前くらいしかないねん」。 ふー、滑り込みセーフだ。

ビージーズのDVDが流れる中で餃子を包み焼いている大将の印象は、”ヒッピーな”感じ。 テイクアウトの焼き上がりを待つ近所のおばちゃんやおばあちゃん相手に、 最近の出来事についての持論を展開しているンだ

テイクアウトの包みを渡し終えたところで、こちらへやってきて「ビール?」「なに?」。 キリンラガーをくいっと呑みながら焼き上がりを待ちます。

ふと卓上をみると、醤油系のタレが入った容器の隣にもうひとつ別のステンのツボがある。 鼻を近づけてクンクンすると、味噌の香り。 白味噌のタレというかペーストというか。 壁には「まぁ食べてみなはれ、みそだれのギョーザ」と書かれたポスターがあるぞ。

と、「へぃ」と餃子の皿が渡されました。 むほほ、うまそーだー

一応その味噌ダレを小皿にし、そこへ醤油ダレもちょっと加えたところへちょんと浸して食べる。 具がたっぷりではなくて、豚とキャベツとぐらいの控えめな中身。 これはもう、薄い皮のぱりぱりむにゅっとしたところをメインに楽しむスタイルの餃子だね。 うまひ。 ビールにどんぴしゃだ。

大将が旧知らしい客に向って云う。 「この前なんか、ひとり20人前も食べる4人組がいて、まいったね、 ああいうのは、断った方がいいね」。 「といって、一人前(250円)だけで帰られてもずっこけるし」。 「ネタが無くなるころは、知らない顔だったら断っちまうんだ」。 あの~、ボクも初見なんですけど(笑)。

入口でのやりとりによっちゃー、食べれなかったのかもね。 アーよかったぁと思いながら、忙しく神戸空港へ向うのでありました。


「ぼんてん」  神戸市中央区元町通3-4-5 [Map] 078-332-3948
column/02207

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*