つけ麺「轍」

wadachi.jpg神泉の、駅前と云ってもいい近さのマンション一階にひっそりとした風情である「轍」。コの字のカウンターが廻る、小体なお店です。「味玉つけ麺」をいただいてみましょうか。届いたお皿に載った麺は、見た目きりっとした平打ち。店隅の冷蔵庫の上に置かれた木箱には「三河屋製麺」と記されているね。無化調無添加の和風だしだというつけ汁にトプと漬けて、啜ります。シコシコよりもさらに硬めでツルンとした歯応えの麺は、これはこれで悪くない。剛柔併せたそんな麺に対してつけ汁が炙ったチャーシューの焦げ臭さばかりが先立って、弱く思える。試しにつけ汁だけを啜ってみると、あれれ、だしの風味がフンとして決して貧弱な仕立てではない。あ、そっか。ツルルンとした麺がつけ汁を纏い難くくて、ちょっとバランスを欠いた印象になっちゃってるんだ。ツルンとした食感そのものは魅力があるけど、かといって妙に辛いつけ汁にするもの不本意だろうし、そのあたり難しいもんやね。アーモンドと紅花油を使っているという「担々麺」も気になります。 「轍」 渋谷区神泉町2-9 03-3461-2088
column/02204

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*