和洋料理「きむら」

kimura.jpgそれってどっち?って思っても不思議じゃないよね。和なの?洋なの?って。店頭に掲げられた「お昼の定食」を覗いてみると、「とんかつ定食」や「カニクリームコロッケ定食」、じっくり網焼きステーキ風の「ポーク生姜焼き定食」なんてメニューが並んでいます。そんな中でも和洋な感じの「ロールキャベツ定食」をイメージしつつ、カウンターの右隅へ。お店の雰囲気は極普通の和食のお店。カウンター越しに届けられたのはその姿にまるで違和感のない、和定食のお膳です。メインのロールキャベツ。ぺろんと上に載った、トマトソースで煮含められたベーコンが妙に旨くて、にんまり。スプーンをぐぐっと挿し込んで千切った外周のキャベツと真ん中の挽肉とを一緒に口に運ぶ。ナツメグっぽい香りとともに、優しく素直な野菜の甘さがそのままに伝わってきてご飯がススム。家庭的と云えば家庭的。でも、グラタン皿の底にあるスープまで啜ったりしちゃったもんね(笑)。もしかして只々どっちつかずの半端なお店だったら切ないなぁと秘かに心配していたけれど、心意気をもって“日本の洋食”を和食の膳で供する感じが、いい。切り盛りする女性陣も連繋よくきびきびとして、居心地の良いお店なのです。 「きむら」 中央区京橋3-6-2  03-3561-0912
column/02190

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*