魚翅海鮮酒家「筑紫樓」銀座店

tsukushiro.jpg開店から半年を経た「筑紫樓」の新店にお初にお邪魔してみました。銀座ワシントンホテルが入居したビルの地階。レセプションから振り返ったところにはプレゼンルームと呼ぶエリアがあって、中央の氷上のディスプレイを魚介の泳ぐ水槽や硝子越しのフカヒレ保存庫で囲んでいる。ぷちパビリオンチックで、ちょっとやり過ぎな気もする(笑)。案内されたホールは、ゴージャス&オリエンタルシック。柱に嵌め込まれたパネルはゴールドに輝き、天井近くを巡る壁には龍が躍っているぞ、っと。ここに来たならとりあえずフカヒレ、ということになるよね。「ふかひれ姿煮込みかけご飯」がやっぱり見た目も麗しいに違いないけど、やっぱりお値段のハードルがそれ相応だ。で、サービスの女性に向けて、メニューの「ふかひれの煮込みかけご飯」の部分を指差したら、「解したほうですね」って云われちゃった。ほぐした方のそれは、静かさを湛えた湖のよう。ふかひれどころか、これといった具材の存在も窺えない寡黙な表情だ。やおらスプーンの先を湖面に差し込んで掬い上げると、幾筋かの具が儚げに見つかります。ふーとしてから口へ。おほっ。美味しい。満ち足りた旨味が優しいあんにふくよかに含まれている感じがして、なんだか口惜しいくらい。これは鱶鰭が凄いのか、上湯なスープがそもそも旨いだけなのか。謎が深まってしまいました。 「筑紫樓」銀座店 中央区銀座7-10-1STRATAGINZA B1 03-3569-2946  http://www.tsukushiro.co.jp/
column/02186

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*