バー「祇園サンボア」で やっぱり角のハイボール

gionsamboa.jpg花見小路通りの中途から左に折れて, 八坂神社の方向へ。 中学校の裏手のひっそりとした筋から、 右手を探し見る。 あった、ありました。 暖簾の掛かるバー「祇園サンボア」。 酔っ払って撲り描いたとも思える文字が躍る暖簾の左隅には「山口瞳」の署名がある。 おお。
その暖簾を払い、覗いた先のカウンターは、 着物を纏った姐さん方を含む人たちで賑わっています。 gionsamboa01.jpggionsamboa02.jpg カウンター奥の席へと案内されました。 「ハイボールを」「角のハイボールでよろしいですね」「はい」。 「サンボア」のハイボールにはサントリー角がよく似合います。

聞くともなしに聴こえてくる姐さんの京言葉が、 他のどの「サンボア」とも違う雰囲気を強く醸していて、面白い。

グラスの下のコースターを見て思い出した。 そういえば、「南」のバーテンさんが云ってたっけな。 「サンボア」の創業は、1918年。あと11年で100周年なので、その時は兄弟店全店挙げてのお祭りしなくっちゃ、と。 遠いぃようで、意外に近そな11年後。gionsamboa04.jpgその時はどこの「サンボア」へ行こうかな。 そんなことを考えていたら、ホットなチーズハムサンドをサービスです、と。

お会計〆て1,200円也。 1杯だけで御免なさい。 帰り際に店の外へ出てきて挨拶してくれたマスターにこう伝えました。 とうとうこちら「祇園サンボア」への登頂をもって、 「サンボア」を全店制覇することができました。


「祇園サンボア」  京都市東山区祇園町南側570-186 [Map] 075-541-7509
column/02177

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*