とんこつらぁ麺「CHABUTON」

chabuton.jpg梅ヶ丘のあの店、経堂のあの店、そして下北沢のある店と見事に3軒ものラーメン屋にフラレて、今更乍ら電話してから行きゃよかったじゃんと後悔しつつ途方に暮れてシモキタを歩いていたら、“森住康二”という文字を見つけました。「ちゃぶ屋」の森住康二がプロデュースする店。ちゃぶ屋のとんこつ、で「CHABUTON」というワケだね。護国寺を閉め、原宿「MIST」に注力しているのかとばかり思っていた森住氏は、こういう仕事もしていたのですね。七分の入りの店内。やや辛口と記された「カラカララーメン」を「ゆでたまご」付きでお願いしました。繊細でありつつ多層的に旨味を含んだスープ、という印象の醤油ラーメンを繰る森住氏がとんこつにどう回答を出したか楽しみであります。ズズっ。ん?う~む。とんこつの臭みとは勿論無縁のあっさりしたテイストは醤油でのイメージに重なるけれど、意外や結構平板でないかいのぉ。もうひとくち、ズズっ。じっくり味わってみると、スープに溶けたエキスの襞がすすっと通り過ぎていく。でも、旨い!ってのとはどこか違う、ふーむ、という感じ。そんな難解なところまで計算されて仕立て維持されたスープなのかどうか、なんとなく疑問ではあるなぁ。麺はアルデンテに茹で上がった細麺。辛味を少々含んだ肉味噌を溶くと、スープの輪郭が浮き上がってくる。あくまですすっと辛味を添える程度にしてあるところも、森住氏のディレクションによるところなのでしょうね。再びちょっと複雑な気分になったのは、こちら「CHABUTON」がらーめん「花月」と同じグロービート・ジャパンの展開だと知った瞬間でありました。 「CHABUTON」 世田谷区北沢2-10-10 03-5454-1559 http://www.chabuton.com/
column/02170

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*