旬の肴と旨い酒「海」

umi.jpg茅場町の路地。「明火」という小料理屋だったところが、新しいお店に変わっていました。格子戸から覗く店内は、コの字にカウンターの廻っていた以前の景色から一変して、素直にテーブルを配した明るいお店になっている。期末の打ち上げにと席を確保してみました。時季の「そら豆塩茹で」「新じゃがいも明太チーズ焼き」「フルーツトマト」あたりでビールをいただき、「にぎわいおから」「薬味温豆腐」「〆鯖炙り青ネギ胡麻醤油」あたりをアテに、店名に同じ芋、「海」を啜る。同行の女史が目聡く他のテーブルに見つけた厚揚げが、旨い。コース料理のみ設定のメニューを無理やり出してもらった厚揚げは、先の豆腐料理同様、松戸にある「中島商店」というお店謹製なのだという。その厚い身に大豆の濃い味たっぷりでかりっとさせた外周との合わせ技がいい。気がつけば満席の「海」はこの3月上旬のオープン。ただいま張り切って調理に接客にと奮闘中です。 「海」 中央区日本橋茅場町3-8-3 03-5640-8178
column/02164

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*