揚げたててんぷら「ちはら」で 和みと満腹の天ぷら定食

chihara.jpg亀島川がいよいよ隅田川に流れ込む南高橋近く。 リバー通りと呼ばれる通りからちょっと路地を入ったところにあるのが、天ぷら「ちはら」です。 L字のカウンターに10席ほどのこじんまりしたお店だ。
おかあさんに定食をとお願いすると、それを反復するようにおやじさんに伝え、あいよってな調子で注文が通ります。 その背後で甲斐甲斐しく動いているのは娘さんでしょうか。 似てらっしゃるものね。

「お待たせしやしたぁ」。 その声に顔を上げると同時に、目の前の敷紙目掛けて海老天が投げ広げられました。 うりゃって勢いで豪快ではありますが、ぞんざいな印象はありません。

海老が5本もあるね。 天つゆを勧められましたが、専ら敷紙の上に振った卓上塩でいただくことにしました。 1本だけ臭みのある海老もあり、続いて配された2枚の鱚、青紫蘇、茄子も決して繊細な揚げ口の天麩羅ではない。 そうではないけど、それが反って和ませてくれちゃって、ハグハグ食べれる感じの天ぷらだ。 結構、満腹になるね~。

お腹を擦りながら(笑)頭上の貼紙をよく読むと、「定食のキスはあなごに変えられる」と書いてある。 ありゃー、あなごが良かったなぁ。 そういう組み換えは嬉しいね。覚えておきます。


「ちはら」  中央区新川2-21-12  03-3355-5962
column/02160

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*