西洋料理「Chez Rossini」 12種類の薬味とずわいがにと筍のカレー

rossini.jpgこの1月、友人のご尊父のお別れ会へと訪れた東京會舘。その立食でいただいたカレーをもう一度口にしたいと丸の内まで。レセプションで訊ねると、そのカレーは「Chez Rossini」か「bar Rossini」でいただけるのだという。本館1階の「Chez Rossini」は、お濠に面した硝子の開口が明るいレストランだ。前菜、サラダ、スープ、魚、肉、オムレツ、とメニューを目で追って、ピラフ&カレー、スパゲティ。ありましたね、カレー。フィレビーフか、チキンか、小海老かシーフードか、と考えながら捲り返したページに「2月のスペシャルカレー」を見つけました。冬の味覚と春の息吹が交錯するような(気のする)「ずわいがにと筍のカレー」。これでいっときましょう。まずやってきたのが、このサーバー。12コマにセパレートされたそれぞれに様々な薬味が用意されているのです。パレスホテルの「IVY HOUSE」では8種類の薬味が壮観だったけど、こちらはそれを上回る12種類の薬味がテーブルごとに提供されるというスタイルだ。ほへ~(笑)。ちょっと感心しているところにやってきたカレーを、ソースパンから例によってどどどと一気にライスの上に注いでしまう。そして、すこし慌てるように、ひと口。先の会場でいただいたカレーの印象とはちょっと違っていて、しどけなく伝わってきた旨味の代わりに酸味が若干強い気がする。筍の、酸味に似た風味にヒッパラレテいるかもしれません。たらばの足肉は、ま、そのまんまたらばの足のお味。美味しいのだけれど、立食でのひと口の感慨から膨らんだ期待が過ぎたのか、再びの感激にまでは至らず。素直に「フィレビーフカレー」あたりをいただいていれば、また違ったランチになったのかもしれないな。

「Chez Rossini」
千代田区丸の内3-2-1 [Map] 03-3215-2123
http://www.kaikan.co.jp/

column/02136

「西洋料理「Chez Rossini」 12種類の薬味とずわいがにと筍のカレー」への2件のフィードバック

  1. 私も先週、友人の結婚二次会の立食パーティで
    頂いたカレーに強い印象を持ちました。
    甘い訳でも辛い訳でもなく、味に深みがあり
    実に旨かったです。ここで書かれている
    カレーと同じような気がします。
    食べに行くのはどうしようかなぁ。
    このお店、高そうだしw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*