イタリアン・カフェ「TRITON」

triton.jpg新亀島橋の袂にあった台湾小皿料理のお店が、一転してカフェ風のお店に変わっていました。路上のサインを覗くと、ランチメニューは「菜園風のトマトソーススパゲティ オルトナーラ」「クアンチャーレのアラビアータスパゲティ」などパスタ5種に「ヒメワカサギとあおさのリゾット」。気の利いていそうなそのラインナップにそそくさと扉を押し、カウンター奥へ。こうしてみると、こんな川でも川縁の風景が似合うのはこんなタイプのお店かもしれないね。千葉大多喜町からの野菜を使っているというサラダに続いて、「カキ・アンチョビ・キャベツのスパゲティ」のお皿がやってきた。ごろんと肉厚な牡蠣の身がキャベツを纏うようにのっている。じゅわんとエキス滴る牡蠣も旨いけれど、アンチョビとバジルあたりで仕立てたこのソースがなんといってもイケル。同じ川縁のお店「マイヨール」より旨いと思っちゃったもンね。帰りがけに振り返って気がついた、壁にある赤地に白抜きの「illy」の文字。「TRITON」とイタリアのコーヒーブランドとの関係や、如何に。 「TRITON」 中央区新川2-1-1進藤ビル 03-3555-6330
column/02120

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*