レストラン「資生堂パーラー」銀座松坂屋店

shiseido.jpgどこか哀愁の漂う催事フロアの一角に松坂屋の「資生堂パーラー」はあります。往時はそれなりに華やかな空気を纏っていたことを偲ばせる店内も、今や懐かしさに似た落ち着きに満ちています。資生堂パーラー伝統料理のひとつ「ミートクロケッツ 資生堂スタイル」に「シーザーサラダ」を添えてもらうことにしました。ヒロキエさんによると、8丁目の本店では、客前でドレッシングを調味し、さらにパルミジャーノ・レッジャーノの薄切りをどさどさと載せてくれるそうだけど、こちらではそんなパフォーマンスもなく、薄切りてんこトッピングもない。でもね。しっかりしたチーズの風味にベーコンの塩気とクルトンの歯触りがアクセントになって、バリバリむしゃむしゃと一気に食べさせるんだ。続いてやってきたプレートには、酸味柔らかなトマトピューレのソースに浮かんだ2つの俵型クリームコロッケ。ほどよい固さのホワイトソースの中から粗めに刻んだ肉がここにいるよと主張してくる。ナイフを入れ、トマトソースをぬりぬりしていると、あっけなくぐずぐずっと崩れてしまうけど、決して下品にならないのが不思議だ。あ、素朴に「チキンライス」っていう手もあったな。 「資生堂パーラー」 銀座松坂屋店 中央区銀座6-10-1 03-3573-1778 http://www.shiseido.co.jp/parlour/
column/02101

「レストラン「資生堂パーラー」銀座松坂屋店」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*