元祖北海道旭川ラーメン「ぺーぱん」

pepan.jpg所用ついでに、ずっとずっと前から頭の隅っこに残っていた、謂わば永きに亘る課題店のひとつ「ぺーぱん」に行ってみました。横浜市営地下鉄の、初めて降りる吉野町駅からどこか閑散とした雰囲気の町並みを眺めつつ、店前へ。「北海道旭川ラーメン」とスミ文字が大きく刻まれた紅い暖簾が風に靡いています。ガラリとサッシュを引き開けると、あは、そうそうこの衒いのない笑顔のおばちゃんがこのお店の担い手なのだ。塩、味噌もあるけど、やっぱり旭川ラーメンと云えば醤油だよなぁと「正油野菜チャーシューメン」をお願いすることに。おばちゃんが、ほいきた、てな調子で早速手を動かし、もうひとりのおっちゃんが北京鍋を振って野菜たちに浅く火を入れてくれます。店内にこういう一種の臭みが満ちているお店ってそう云えば最近少なくなったなぁと思いながら出来上がりを待つ。届いたどんぶりにぐるっとひと回りしているチャーシューを掻き分けて、スープをひと口。郷愁を誘う風味に続いて、とろんとした円やかさのしっかりしたボディが楽しめる。ラードが妙に強いことでもなくて、あっさりとしたあと口が反ってあとをひく感じ。如何にもヘタり難そうな縮れ麺との相性も悪くない。強い味がクドイ、って感じの印象の旭川ラーメンも少なくないけど、どっこい在浜の老舗店は、成熟したバランスのスープを実直に丁寧に拵え続けているのですね。 「ぺーぱん」 横浜市南区高砂町3-34 045-243-0595
column/02099

「元祖北海道旭川ラーメン「ぺーぱん」」への5件のフィードバック

  1. ああ、比較的近いのに、まだ行ったことがありません。
    今度ぜひいってみます。おいしそうだし・・・

  2. Re:ヒロキエさま
    そうですね。
    煮干臭いとかってこともない、意外とスッキリ系でした~。
    おばちゃんのキャラも、グットですね(右親指立)。

  3. Re:socitonさま
    あ、あちら方面でしたか~。
    ラーメンはもとより、ちりちり頭に心意気を感じるオバチャンも素敵ですよ(笑)。

  4. ぺーぱん@吉野町

    9月24日(土)の昼は市営地下鉄方面へ出かけた折、吉野町で降りてラーメンを食べた。なかなか機会がなくて賞味出来ていなかった旭川ラーメンの名店と誉れ高いぺー…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*