天ぷら「平河町 川澄」

kawasumi.jpg国立劇場の裏手にひっそりとした印象で佇むの天ぷらの「平河町 川澄」でランチ。すっきりとしたインテリアのテーブル席を横目に、左手のつけ場を前にしたカウンターの隅へ。「かわすみのお昼ご飯」には、「天ぷら膳」「天ぷらのよくばり膳」といった天ぷらメインのメニュー以外にも「ローストビーフ膳」「豆乳鍋のお椀仕立て膳」やお魚・お肉のお膳がラインナップしています。でもやっぱり限定7食というショルダーフレーズにぴくりと反応してしまい、お願いしたのが「特製天丼 かわすみ膳」です。お待ちどーさまー。およよ(古いっ)。この天丼は所謂どんぶりモノではない。ほぼ四角なフォルムのお皿の中央にこんもりと盛られたご飯に立て掛けるように天ぷらが載せられていて、妙な立体感を醸している。どんぶりじゃねーじゃん、と大声出しても始まらない(笑)ので、やおら手前の海老天をその小山から外して口へ運ぶ。すっとだし味が甘く香るタレを纏いながらも、サクサクっとした食感の衣も主張してくる感じが嬉しい。そうか、こういう配置をするとご飯の湯気に晒されて衣がヘタル度合いが少なくなるンだね。そのまま、2本目の海老、鱚、南瓜、茄子などを時計回りにいただく。なんか、なるほど、って感じ。合点がいかないのは、なんで”7食”っていう半端な数量の限定なんだろってことだけだ。そのご事情や果たして。 「平河町 川澄」 千代田区平河町2-2-3 03-3556-3260 http://www.k4.dion.ne.jp/~h-kawa/
column/02096

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*