とんかつ専門「とん亭」

tontei.jpgとんかつは塩で、ひいては揚げ物は岩塩で、に目覚めさせてくれたお店「たい樹」。その「たい樹」の本店にあたる「とん亭」にお邪魔してみました。偶々のタイミングか、混み合っていた印象のある支店に比べて、先客も少なく静かな佇まいの店内です。メニューをひと通り眺めてはみるものの、やっぱり気になるのは店頭にも掲示のあった「黒豚ロース塩カツ丼」だ。檸檬を回しかけてそのままお召し上がりください、というおばちゃんの仰せの通りにレモンを絞っただけのカツを端から口へ。カリムギュっと噛むそばからレモンの香気と岩塩のミネラルな風味が黒豚の脂の甘みをグイっと引っ張り出してくる。あくまであっさりを装いながら、そこに潜んだ胡麻油のちょっとしたコクがズルイ感じの奥行きを生んでいる。キャベツでなく、また違う香りをほんのり添える三つ葉を敷いているところがさらにニクイ。ガツガツと一気喰い。玉子でとじたカツどんも決して悪くはないけれど、揚げ物を揚げ物らしくいただけるカツどんはと考えたら、つまりはこういうことなんだね。 「とん亭」 目黒区上目黒3-6-4 03-3715-4899 http://www.tontei.com/
column/02085

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*