明治屋直営レストラン「モルチェ」銀座店

mortier.jpg耐震補強工事のため年内いっぱいで約半年の休業に入るという明治屋階上の直営レストランへ。テーブル間をゆったりとった店内はガランとした印象も抱かせ、積年相応に草臥れてはいるけれど、どこか懐かしさに似た和やかさと品格が漂っています。中央通りに面した開口一杯の窓から冬の日の陽射しがさわさわと射し込んでいる。ちょうどTIFFANYの向かいになるンだね。メニューにある“カキフェアー”の4品をゆっくり眺める。「カキのチャウダー」も旨そうだし、「カキのピラフ」は小粋な予感。「カキのグラタン」も充分そそる。うー、いっそ全部いったろか(笑)。でまぁ、初心(?)に帰って、「Huitre Friteカキフライ タルタルソース添え」をいただくことに。届いたプレートには、ぶりんと大ぶりなフライではなく、ちょっとスマートな見栄えのカキフライが7片載っています。添えられたタルタルをちょんとのっけて、いただく。お、おお。なんだこの軽さは。こんなに軽妙な印象のカキフライは初めてだゾと思いながら、齧り口をしげしげと覗いてみる。ひと手間を施して牡蠣の身の暗緑色の部分を除いているようにも見える。あの部分があっての牡蠣の風味だよなぁと思いつつ、主張し過ぎないタルタルソースも含め、ライトな味わいの中に旨味をしっかり内包している感じが嬉しくも、いい(親指上向)。コーヒーを啜りながら、耐震工事が入るってことは、この気持ちよく開放された窓は再現されないのだろうなと、ふと、思う。takapuさんのエントリーから。 「モルチェ」銀座店 中央区銀座2-6-7明治屋銀座ビル2・3F 03-3563-3601
column/02077

「明治屋直営レストラン「モルチェ」銀座店」への2件のフィードバック

  1.  あけましておめでとうございます。正月早々、私も同じような作業をしている一人です(笑)。
     ここのカキフライ、そこまで手を加えてましたか…弾力だけでかなりの衝撃を受けてしまったもので。

  2. Re:takapuさま
    おめでとうございます。今年もよろしくです。
    この3日体調すぐれず、実家にも帰らずヒキコモッテおります。やっと元気になってきたので活動開始って感じ(笑)。
    カキフライ。ホントにそうしているのか定かじゃないのだけど、割って覗いた2個ともそうだったので、もしやそーかなー、と思ってるのダ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*