郷土の酒と味「九州」

kyushu.jpg泰明小学校グランドから響いてくる子供たちの喚声を横に、古びた雑居ビルの地階へ。積年の澱みをも感じさせる居酒屋なお店「九州」で昼メシです。お昼メニューはほぼ、「ちゃんぽん」か「皿うどん」のどちらか。「ちゃんぽん」にしましょうかね。ひと啜りしたスープは、少々塩辛い印象がする。クリーミーなタイプではなくて、どちらかというと胡椒味の似合うキリっとタイプ。スープに野菜の甘みや魚介のエキス・香りが濃く煮出されているのがチャンポンの醍醐味だとすると、そのあたりがちょっと寂しいかもしれないなぁ。久々に日本橋「長崎楼」の名前が脳裏を過ぎったけど、もしかしたら「リンガー・ハット」の方が旨かったりするかも~、なんてことも思ったりする。こちら「九州」では、九州名物の「鍋鍋餃子」が人気らしい。その他、肥後の馬刺しや博多のもつ鍋、鹿児島の薩摩揚げといった九州各地の郷土料理を肴に焼酎でもやっつけるのが正統派の楽しみ方なんだな、きっと。 「九州」 中央区銀座6-3-18リンデンビルB2 03-3572-9651
column/02065

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*