お粥・ヘルシー料理「玄武庵」

genbuan.jpg西天満の裏通り、老松通り近くの「玄武庵」でお昼をいただくことにしました。落ち着いた小料理屋さん風の佇まいです。店頭の黒板には「お昼の玄米定食」とあって、主菜に山口県の自然薯のとろろと野菜の炊き合わせ、鶏もも肉のカレー煮、そして玄米御飯か玄米かゆ、味噌汁椀に小鉢に玉子付きとある。なんだか思わず健康になっちゃいそうな定食がいただけそうです。暖簾を潜った左手のカウンターの真ん中に一席だけ空きがあって、促されるままそこへ潜り込みます。気がつけば、両側ともすべて女性客だ。なかなかいい仕事をしそうな雰囲気を持った、そんな面構えの店主が、お粥を左に載せたお膳を眼前に据えてくれます。黒褐色を帯びた自然薯のとろろ。自然の灰汁がこの色味にさせているらしい。そうかとろろには玄米御飯だったかなぁと思いつつ、お粥にとろろを投入してズズッと啜る。回りが女性ばかりなので音は少々控えめに(笑)。鶏のカレー煮も野菜を炊いた小鉢も最初のひと口ふた口は物足りなさを覚えるけれど、食べ進むにつれだんだんしっくりしてくるのが面白い。この優しい味わいたちが、成程オンナノコウケするのが良く分かる。ほんとはメタボリックなオッサンが挙って来なけりゃいけないのにね。 「玄武庵」 大阪市北区西天満4-12-22 第三青山ビル1F 06-6362-2555 http://www.genbudou.com/genbuan/
column/02051

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*