バー「SAMBOA BAR」梅田で 大きめ蝶ネクタイとハイボールと

umedasamboa.jpgJRの線路を空に仰ぐ梅田の高架下。 新梅田食道街という古びた雑居ビルの2階にもバー「SAMBOA」があるのです。 ドアを押し開くと、狭い間口の右手に立ち呑みのカウンターが目に入ります。 今までで一番狭くて簡素な印象のサンボアだ。
マスターが喋る台詞のトーンも今までで一番ベタな大阪弁で、 赤を注し色にした蝶ネクタイも大きめで新喜劇を連想させるもの。 ほど近いワシントンプラザ「SAMBOA」で感じたホスピタリティを想うと、 同じサンボアでも随分雰囲気が違うなぁと思うけれど、この気安さも悪くない。 お決まりの「ハイボール」には、レモンピールの香りがほとんど感じられなかったのがちと残念ながら、細かいことは鷹揚に、続いて「グレンモランジェ10年」をロックで舐める。 ほろ酔い加減で低い天井の通路を辿り、食道街を出ればすぐに地下街。 1、2盃ひっかけてさっと帰りの電車に忍び乗る、 そんなオッチャンのイメージが浮かぶンだ(笑)。


「SAMBOA BAR」梅田  大阪市北区角田町9-26 [Map] 03-6312-8987
column/02049

「バー「SAMBOA BAR」梅田で 大きめ蝶ネクタイとハイボールと」への2件のフィードバック

  1. Re:グヤさま
    あぁ、またやってしまった。早速修正かけておきました。
    ご指摘、おかたじけ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*