おでん・手作り豆腐・串かつ「蕃茄」

akanasu.jpgお初天神通りのアーケードからちょっと脇へ反れた路地にある「蕃茄」さんでちょと一盃。厨房前に数多く貼られた品札の、カタチの良い筆文字で書かれたメニューたちにもこの店の心意気が現れているようにも映ります。ここの瓶ビールも好みの「ハートランド」だ。ドンと大ぶりでやってくる「とうふ」、そして「牛すじ」「たまご」に「ごぼう天」とやっぱりおでんから。連日のおでんだね(笑)。出汁がゆるりと滲みた豆腐が素直に旨い。芋のロックを舐めながら、蕩ける脂が甘美な「しめさば」を。「鯛あら煮」に添えられた豆腐には、鯛のアラのエキスがギュッと滲み込んでいて日本酒が欲しくなる。隣のテーブルから世のオトコたちを詰るような台詞を連呼する女性の大阪弁が聞こえてきた。なんか微笑ましく聞けてしまうのは、店内のゆったりした雰囲気とほろりとした酔い加減、そして大阪弁のまあるい表現力のせいなのかもしれないな。35年の歴史を積んでいるという「蕃茄akanasu」。トマト(=蕃茄banka)のおでんはないみたいです。 「蕃茄akanasu」 大阪市北区曽根崎2-13-19 06-6311-0545
column/02048

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*