酒 めし処「よね山」

yoneyama.jpg餃子と刀削麺のお店「聚中縁餃子」の並びにある「よね山」さんでお昼メシ。夜メニューには魚介メインの酒肴が並んでいて、新潟方面のお酒の品揃えも充分のようです。ランチは、100%の魚沼産コシヒカリ自家精米のご飯を添えた日替わり(らしい)定食が3種のみ。お店の傾向からして、「銀だら照焼き」「さば塩焼き」からいっとくのが本筋かもなぁと思いながら、”手造り”のフレーズに惹かれるように最後に書かれた「手造り男爵コロッケ」をお願いしてみました。挽肉がたっぷり入っていたりして所々にマッシュし切らない男爵が鏤められていたりして、ざっくりしたパン粉に包まれてコロンと丸っこくて、カリッと揚がっている。そんなイメージ(笑)。ところが、やってきたのはふた口サイズの可愛いコロッケが3ヶ。胡椒が利いているのがアクセントだけれど、お惣菜屋さんに普通にありそうな小さめコロッケで、期待した”手造り”感に乏しいのが正直残念だ。え?勝手に妄想されて残念がられても迷惑だろうって? そっスね。不味いワケではないのだけれど、素直に「銀だら」あたりにしとけば良かったなって、そゆことっス。 「よね山」 中央区八丁堀1-3-9 03-5543-3322
column/02033

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*