広東料理「銀座 楼蘭」

rolan.jpg意外と立ち入らない建物のひとつ、ギンザコアの最上階に初めて上がってみました。ちとアッパーな佇まいの中華ダイニング「楼蘭」です。パーティションの上部を飾る細工のある硝子の向こうでに、幾人もの外国人がにこやかに食事をしている様子が透けて見えました。メニューを、一応、前から捲っていって、あぁ上海蟹今年も堪能しなかったなぁとか思いつつ、結局辿り着くのはやっぱり最後方ページ。「蝦仁麺(芝海老そば)」をヤワ焼きでいただくことにしました。透明なあんに包まれた幾つもの海老たちが見るからにプリッとしている。如何にも広東料理らしい抑え目の味付けの中にしっかりだし味が出ていて、なかなかよろし。見た目通りにプリリとしている芝海老の甘さが妙に嬉しいゾっと。中盤からは練ったばかりにも見える芥子を絡ませてみる。芥子の風味が全体の味わいを際立たせてくれるね。後半、黒酢をちょろっと回しかけてみると、単なる酸味の追加でない奥行きが生まれてきて、へ~って感じ。焼きそばに黒酢、いいかも。お茶をズズズといただいているところへ届いた楊枝をみると「HOTEL PACIFIC」と書いてある。「楼蘭」って、ホテルパシフィックの系列なのですね。 「楼蘭」 中央区銀座5-8-20 03-3575-0787 
column/02031

「広東料理「銀座 楼蘭」」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*