中華・定食「御徒町食堂」

okachimachishokudo.jpg御徒町の高架下に鎮座している大衆食堂「御徒町食堂」でお昼してみました。ショーケースには中華や定食類のサンプルがぎっしりと犇いて賑やかです。時代を感じさせる調度類。懐かしの丸椅子も似合う雰囲気ですが、古い雀荘にありそうな立派な背凭れ付きの椅子がテーブルを囲んでいます。サンプルで目星をつけていた「サービス定食」を。カキフライの角皿とサンマの角皿がどどんと載ったお膳なのです。齧れば、じゅじゅっと牡蠣汁が滲み出るフライが4個 。なかなかジューシーだ。一方のサンマは、所謂塩焼きとはちょと違う仕立て。粉を塗してソテーしている感じです。もしかして蒸し焼きしてあったものをソテーして仕上げるという仕組みになっているのかもしれないね。時間との兼ね合いか、焼き立ての魚をいただくってのも意外に難しかったりするのかも。「冷奴定食」から「豚焼肉定食」に至る定食系と「御徒町ラーメン」から「マーボ丼」に至る中華系が「御徒町食堂」の2大潮流。定食類はつけ合わせを選べるようにもなっていて、「さしみ定食」に「半ラーメン」なんて取り合わせも、一応あり。合う合わないは別だけど(微笑)。 「御徒町食堂」 台東区上野5-20-5 03-3832-0451

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*