欧風カレー「ボンディ」神保町店で 息苦しきビーフカレー

bondy.jpg前菜にジャガバタを出すスタイルをアイデアしたのがここらしい、という神保町「ボンディ」に行ってみました。 のんびり歩く神保町交差点近くは、古書フリークでなかなかの賑わいだ。 神田古書センターという建物の外階段を2階にあがる。 コミックが並ぶ古書店だけど、「ボンディ」はどこ? 迷路の辿るようにぐるぐるっとすると、あったありました。 通りからは奥まったところに位置にしています。 安くはないカレーだとも思うのですが、席の9割方が埋まっていて、人気のほどが窺えます。
「アサリカレー」なんてのにも惹かれましたが、とりあえずメニュー筆頭の「ビーフカレー」中辛を思いつきでチーズのっけにしてみる。 熱々のそれをえいっと一気にライスにかけて、いただきます。bondy01.jpgう~む。 チーズに緩和されているのか、ピリピリするような辛さは感じないのに、 なんだか妙に息苦しくなってくる。 スパイシーさというよりは辛味を伴った骨太のコクに圧倒される感じ。 考えなしにのっけたチーズがそれに拍車をかけてるのかもしれないな。ふ~。 ブラウンソースをベースにしてカレー素材を加えて出来上がった”インドの香り、ヨーロッパの味”と謳ってあるけど、所謂ドミグラスの片鱗はもはや思わせないほどに昇華している。乳製品をふんだんに使ってコクを醸しているという点が、しつこさにも転じてしまうのでしょう。なんとか食べきりました。 チーズは避けて(笑)、甘口のポークあたりにしとくとOKなのかもね。 「ボンディ」神保町店 千代田区神田神保町2-3神田古書センター2F 03-3234-2080  http://www.bondy.co.jp/
column/02020

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*