丼&麺工房「くりやん」

kuriyan.jpgお疲れモードで呑む気にもなれず、夕食だけ済ませてホテルに籠もってしまおうとふらふら向った先はなかなかディープなアーケード、阪急東通商店街を網敷天神社へと抜けたその先にある「くりやん」です。カフェ風ラーメン屋の店構えで、その実ラーメン屋さんでもあるのですが、どっちかというとどんぶりモノが人気らしいのです。カウンターに腰掛けてふと横を見ると、並んで座っている学生風の兄ちゃんもその奥のお水嬢出勤前さんもそれらしいどんぶりを食べている真っ最中。慌てて(慌てることはないか)「ポパイ丼、お願いします」と片言な中国人の店員に告げました。お~。ラーメンどんぶりに盛られたご飯の上にホウレン草と豚肉と思われる極薄切りの肉を炒めたものが敷き詰められ、中央にマヨネーズがぶにょんとトッピングされている。白いレンゲで右端から喰ってみた。むむっ!なんやこれ、めっちゃうまいやん。半ばそぼろ状の肉が濃い味に仕立てられていて、なんや堪らん、てな感じにご飯が進む進む。さらに、真ん中のマヨネーズをちょっと崩して合わせると、んなもんもーえげつないくらいに、う、ま、い。ま~、ジャンクだけどさ~、旨いんだから仕方ない。そして、目の前にあった電話には出前の注文がどんどん入っている。やっぱり「ポパイ丼」が一番人気だ。そんな「ポパイ丼」には白濁したスープが添えられてくるンだけど、その鶏がら+豚骨っぽいスープがまたいい。きっとラーメンもイケルに違いないと確信するのでありました。 「くりやん」 大阪市北区神山町9-13 06-6316-0726   
column/02001

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*