和風フォンデュ 釜めし 小料理「寿保羅」

zubora.jpgランチに釜飯って、案外ない、よね?ってことで足を運んだ日本橋本町。古い造りのビル4Fにゴトゴトと上がります。左手にカウンター、奥に小さなテーブル席がある。無声にして横向きに置かれているテレビ前のカウンターに腰を下ろしました。「釜飯を~」。ランチメニューには煮魚や焼魚も載っているのですが、他のお客さんたちは注文もしていないのに「釜めし」が出てくる。そういう”キメ”が、あるのかなぁ。届けられた一人前サイズの鉄釜には、枝豆、椎茸、人参、薩摩芋、しめじなどなどの具材が鏤められている。小ぶりなお茶碗に杓文字で掬って、いただきます。醤油を抑えた、上品で柔らかな味付けだ。素朴に旨い感じ。こういうご飯食べてれば、メタボリックな心配がいらなくなりそうな気がするね。ランチメニューの下には、「海産物はすべて島根県益田から天然物を厳選しています」と記されている。日本海ものの魚料理が得意技らしい。一方、「和風フォンデュ」とはなんぞやというと、横に長い油槽に用意されたオリジナルな油で季節素材の串を素揚げして、塩やぽん酢でいただくものだという。セルフ串の坊なのかと思ったけれど、素揚げってところがポイントなのかもしれないね。 「寿保羅zubora」 中央区日本橋本町1-5-2石田ビル4F 03-3279-0075 
column/01989

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*