中華粥「香港ロジ」

hongkongroji.jpg「粥専門店」という赤い看板が前を通る度に気になっていたものの、意外に混み合っているのを覗き見て次回送りしていたのが「香港ロジ」というお店。なんかこのところ肉&脂な食事が多くなっている(いつも?)のに鑑み、お粥なんていいんじゃないのと再び店内を覗くと、今夜は空いている。よしよしと、カウンター奥のスツールに座り込む。10種のお粥の中から、ベーシックな「鶏糸粥」つまりは鶏肉粥と、ついでに「煎韮菜餅(焼きエビニラマン)」をお願いしました。蓮華で掬ったお粥をフーフーしつつ口へ。決して強すぎずそして不足のない、いい塩梅のお粥だ。フーフー。優しいだし味が最後まで飽きさせないゾ。これの半量版をいただく朝なんてぇのもいいね。「味ついてますから、そのままで」というエビニラマンは熱々のうちに。眼前の厨房では、北京鍋を手早く小気味良く動かして、点心に焼き色をつけたり焼き飯を煽ったりの様々な所作が見られて面白い。カウンター越しに早口の現地語が行き交って、一瞬彼の地にいるかのような錯覚も味わえます。 「香港ロジ」 渋谷区桜丘町2-3堀ビル1F 03-3464-1866 
column/01985

「中華粥「香港ロジ」」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*