洋食ブルガリアンダイニング「SOFIA」

sofia.jpg「ドンピエール」のペリニィヨン・グループ「ドンピエール・ベジ」がリニューアルされて、ブルガリア料理のお店に転換したのだという。そうは云っても従前の洋食メニューも残して欲しい残したいということからか、洋食+ブルガリア料理という2面性を持つお店になったみたい。鮮やかな臙脂色ベースに刺繍を施したクロスの色味がフロア全体の基調となっています。今日のランチは、「SOFIA」洋食屋篇から「キーマドライカレー」を選んでみました。ドライカレーと云いながら、ライスの上には充分ウエットなカレーソースがかけられ、その上にラグビーボールシルエット型のふんわりオムレツが鎮座ましましています。「たいめいけん」の「タンポポオムライス」よろしく、中央にスススとラインを引いて奥と手前に押し開くと、トロロンとした玉子がカレーソースを被うように広がりました。そこへスプーンを一閃。ライスとカレーと玉子の層を一緒に掬って、いただきます。しっかりめのカレーの辛味を玉子が優しく包んでくれています。カレーソースの直球でないが故、どっちつかずでポイントがボケちゃった気がしないでもない。かの「ルー・ド・メール」と兄弟店だと考えると、「スゲ、ウマ!」には至らないところが物足りなくもある。ブルガリアンの片鱗を味わおうと、「カップヨーグルト」をニンジン&オレンジのトッピングソースでいただいてみました。妙な酸味も甘さもなくって、これはこれでいいかもしんない。「ヨーグルトバー」が併設されているのですね。 「SOFIA」 港区東新橋1-8-2 カレッタ汐留B2F 
column/01982

「洋食ブルガリアンダイニング「SOFIA」」への2件のフィードバック

  1. このお店、明日行くはずが予約が取れず、急遽今日行ってきました。
    どんなものが出てくるかと興味津々でしたが、サラダ系は予想取りヨーグルトを使ったスッパ系、
    肉料理はスパイスを効かせたハンバーグっぽい感じで、ごく普通に美味しかったです。
    今回はコースで概要把握したので、次回はアラカルトであれこれ食べて見ようかと思いますw

  2. Re:puzzさま
    ちょっと前、汐留にいたので久々にココ寄ってみようかと、勘違いからか行き当たらず、なくなっちゃったものと思い込んでいました~。ごめんなさーい(笑)。
    予約できない日もある状況なのですね~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*