八重山そば処「来夏世」で あか米としみじみ八重山そば

kunatsuyu.jpg宮良川でのカヤック遊びのあとに、 最近のイチオシだという石垣小学校近くの「来夏世」さんにお邪魔してみました。 風抜けのいい、夏の高原のログハウスを思わすような居心地のいいお店です。 献立には、「八重山そば」、そしてピパーチの新芽が入った炊き込みご飯の「ジューシー」と「あか米」のみが載っています。
人気の「ジューシー」はすでに売り切れということで、 「あか米」との「八重山そばセット」をお願いしました。 kunatsuyu01.jpg まずは汁をひと口。 ほ~ぉ。 澄んだ海のだし味の後ろから動物系の旨みがしみじみと伝わってくる。 あくまでクセはなく、かといって業務用のスープの元を想起させるような薄っぺらで尖った味わいのものではない。いいね~。 麺はやっぱり平打ちの「沖縄そば」とは違う、断面がほぼ丸いもの。もっさりとせず、くちゅっとした歯応えだ。 トッピングは、短冊切りの豚と八重山かまぼこがちょんとのる簡素なもの。 なんだか潔いじゃない。 「あか米」は、お米自体の味が濃いのか、そのままでも美味しくいただける。 そばの汁とも相性いいんだ。 そして、セットで500円というのも泣かせるところデス。 「来夏世」 石垣市石垣203 0980-83-7577  
column/01970

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*