Bar「maru 3F」

maru3f.jpg“2F”をイメージし乍ら、10名を越える人数での食事ができないか問い合わせると、「それなら、3Fが比較的落ち着けると思います」と云う。知ってました? あの「maru」に”3F”ができていたのですよ~。頭上を見上げると確かに、「丸2F」の赤い看板の上に「丸3F」の白い看板が載っかっています。意外に広々としたフロアの3F。すし詰めの1Fスタンドバー、円形のカウンターを囲んだ2F、そして左手にカウンター右手にテーブル席を配した3F、とフロアが上がるにつれてよりゆったりとしていく感じもするね。予算提示のおまかせは、指定された病原体を持っていない健康豚だという「SPF豚のパテ」でスタート。「冷製ラタトゥユ ポーチドエッグ添え」「魚介のマリネ」「イワシとじゃがいもの温テリーヌ」、スペインの生ハム「イベリコベジョータ」と気の利いたプレートたちがどんどんやってくる。すぐさまワインに切り替えようと、呑みやすそうなカベルネ・ソービニオン種のものをチョイスしてもらう。ボルドーはもとより、イスラエルのワインなんつーのもあるんだね。「ホタテの鉄板焼きレモンソース」「甲州健味鶏の炭火焼き」に炭火焼きしたゲソまでが、妙にウマイぞぉ。追加でお願いした、「SPF豚のロースカツレツ」に〆のパスタで大団円。満足満足。おまかせセットものにしてしまうと、量はキープできても、お味の方にはゲンナリさせられてしまうことも少なくないけど、「maru」のお皿たちはそれぞれがそれぞれにきちんとウマイ 。おまけに、ホールの女性陣がそれぞれにチャーミング。一見素人っぽい外連味のない笑顔の下地にサービスのキモを心得た様子も垣間見える、そんな接客が気持ちいい。どっから探してくるんだろね(笑)。 「maru 3F」 中央区八丁堀3-22-10 03-3552-4400
column/01965

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*