日本料理「古拙」

kosetsu.jpg修善寺方面に行くことがあったら絶対蕎麦の店「朴念仁」に行こうと心に秘していたものの、終ぞそんな機会をつくれずにいました。そうこうしているうちに、主宰石井氏は、銀座にお店を持ってしまっていました。コース料理のみという設定に敷居が高く思っていたところ、お昼には鉄火丼とうどんのみを供する営業をしているという。蕎麦じゃなくって饂飩だというところがまたニクイ。ということで、いそいそと。住所を辿るも見当たらずウロウロして、諦めかけたところで雑居ビルのエントランスに「うどん」の文字を見つけました。あ~、ここかぁ。古びたつくりの階段を上がると、白板に「古拙」の文字が認められます。右奥のテーブル席へ。立ち上がりが遅いのか先客はありません。本鮪を使った5食限定の鉄火丼「古鉄丼」も気になりつつお品書きをひっくり返して、古拙うどんのラインナップから「ごま汁うどん」を選んでみました。合わせて「おいなりさん」もお願いします。いやはや、面白旨い麺です。稲庭うどんとラーメン系つけめんの麺との間をいくような食感と喉越し。ちゃんと粉の味がして旨い。ごま汁は、胡麻ペーストが濃厚に迫るものではなくて、かえしとのバランスをさっぱりと清涼感のあるものにとったもの。独特の麺に上手い具合に纏って啜らせるんだ。うんうん。シンプルな「もり」「かけ」、そして「ぶっかけ」。冷たいトマトソースの「トマトうどん」に温か汁の「鴨葱うどん」も旨そうだぞい。 「古拙」 中央区銀座2-13-6 東ニビル2F 03-3543-6565
column/01946

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*