正一合の店「シンスケ」

shinsuke.jpg湯島天神もほど近い、春日通り沿いにある「シンスケ」まで足を伸ばしてみました。店内は既に満席で意外と女性客も多い。カウンター席の背面に並ぶテーブルが、カウンター方向に正対するように横使いで並んでいるのが面白いね。しばしトイレ前の丸椅子で席が空くのを待つことにしました。眺めていると、どことなく下町の粋筋を思わす常連さんが多いように見える。臨場感ある1階席が良かったのだけれど、促されるまま2階のテーブル席へ。サッポロ黒ラベルにギネスの小瓶を添えてもらい、まず乾杯。小ぶりな泥鰌がカラリサクサクとした「どぜう唐揚げ」、梅肉でいただく夏の定番「落としハモ」あたりで、「両関」の大吟醸、純米をどちらも冷やでいただきます。大羽イワシの変わりさつま揚げとも云うべき「いわし岩石揚げ」、「近海の黒まぐろぬた」でさらに呑む。冷用の「両関」にライムを合わせた「湯沢ロック」なんてものも挟みつつ、さらに呑む。酸味ほどよい「いろいろ野菜もピクルス」は隠れた逸品だね~。んなこと云ってるうちにすっかりできあがってしまいました。ふぅ~。日本酒は切り上げどころが難しい。まだまだ修行が足りません 。 「シンスケ」 文京区湯島3-32-5 03-3832-0469
column/01942

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*