イタリア料理「オステリア・ヒヅメosteria hizume」

hizume.jpgテラスを脇目に煉瓦積みのアプローチを上がり扉の中へと進むと、外観に連なって要所を構成する木と煉瓦タイルとほどよい暗さとに包まれた空間に迎えられます。堅苦しさのない気の置けない、かといってクダケない雰囲気もこのお店の魅力なのかもしれません。最近視野を広げてみたというカナダ産の白をグラスでいただきつつ、「ゴルゴンゾーラチーズのムース トマト添え イタリア産プロシュットと…」に定番「シチリア風野菜の軽い煮込み”カポナータ”」で前菜する。もっとゴルゴンゾーラらしい匂いがあってもいいかもと思いながらも、こうしたチーズのムースとトマトそして生ハムの取り合わせは、食事のスタートによく合うね、とも思う。さらに続けてカナダ産の「SUMAC RIDGE Merlot」をいただく。すっきりしっかりのボディにどこかスモーキーな残り香が微かに追いかけてくる、美味しいワインだ。烏賊と鱸に蟹肉と半熟の玉子をあしらったカルパッチョを挟んで、手打ちパスタ「手長エビ(スカンピ)とトマトで和えたタリアテッレ」、メインに「新潟産もち豚ロース 自家製香草オイルのグリル」をいただきます。カリッとした外周に包まれたもち豚の脂がガシっと食中枢に訴えてきて、一気に満足の領域に誘います。ふう、満腹だ。シェフの気さくな笑顔に見送られる。店名”ヒヅメ”がどこからきているのだろうと思っていたら、シェフのお名前だったのですね。 「オステリア・ヒヅメ」 名古屋市東区東桜2-13-15 052-933-3115
column/01935

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*