博多長浜らーめん「ぼたん」

botan.jpg無性に博多ラーメンが食べたくなった。それも、本場屋台の味が…。てなことで、訪れたのが大塚駅近くの「ぼたん」です。店の前に佇んだ時点で、例のとんこつ臭が全身を包んでくる。臨場感たっぷりだ。いざいざ。「ねぎらーめん」に「のり」、そして「ばくだん」のトッピングをお願いします。ひとまずスープをひと啜り。おお。とろんと濃厚な本格派スープだ。店内も当然の如くとんこつ臭に満ちていますが、口の中から鼻腔へ向けてもまた独特の匂いが広がる。嫌いじゃないんだよなぁ。目を閉じれば、屋台の居並ぶ長浜の光景が浮かんだりする(いや、ホント)。辛味を含んだつくね状のトッピングかと思っていた「ばくだん」は、別器で届けられていて、辛肉味噌に海老や烏賊にもやし、葱などが入っている。そっちにスープや麺を移して、2種類を別々に楽しんだらどうか、と云う。最初は、別皿の方へスープや麺を掬い移してみたりして、そのちょっとエスニックな味わいとを比べてみたりしたものの、面倒くさくなってメインのどんぶりに「ばくだん」の中身をぶち込んで、ついでに替え玉も加えてズルズル。うん、まぁ、濃厚乳化スープに辛味が加わったバージョンも味わえて、それはそれで悪くはない。少々難儀なのは、店を離れても例の匂いが纏わりついてるような気がして、回りに気を使ってしまうところかな。でもね。こういう本格派で一本気なとんこつラーメン店には是非そのままでいて欲しいと思う。匂いを抑えたライト志向にして女性客も増やそうなんて考えないでね。 「ぼたん」 豊島区北大塚2-12-3 03-3915-8641
column/01932

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*