レストラン「タワシタ」で 水彩画メニューと見上げるタワーの借景

towershita.jpg「東京カレンダー」の誌面から企画が派生したカタチで生まれたNTV「東京ワンダーホテル」。 そしてその続編にあたる「東京ワンダーツアーズ」の舞台のひとつになったのが、「タワシタ」です。 「野田岩」近くの歩道橋下でタクシーを降り、 脇道からふと見上げれば、 笑っちゃうぐらいに眼前に迫る東京タワー。 心光院という寺院の前であてずっぽうにビルの2Fを見上げると、硝子越しに飲食店らしき様子が覗ける。 看板のない店「タワシタ」が見つかりました。

案内されたテーブルは、さっきのタワーを再度見上げる窓際の席。 「タワシタ」の特等席ということになるね。

この借景をダイナミックなものにするために、窓面はオープンにしている。 事務所仕様のフロアをレストランに仕立てた隠れ家も、それゆえ閉ざされ感も怪しさもないスペースになっているんだ。

シャンパンで口開き。 がっしりとした木の装丁に水彩画で表現されたメニューも「タワシタ」のエッセンス。 ところが、メニューの変更に水彩画のページの準備が追い付いていないところがある。 描き手に依存するところがあるので、そういうこともあるかもね。

おまかせもできるそうだけど、特にコースの設定はなく、プリフィクスなスタイル。 まず前菜として「馬を味わいつくすカルパッチョ」。 コラーゲンの塊りのようなタテガミやロースなどの部位が、 茗荷や浅葱と一緒に鏤められている。 塗したタレがいい

ピノ・ノワールの「Marsannay Rouge 1999 Louis Jadot」をグラスに、 「ホルモンのトマト炒め」「色々野菜のラタトゥイユグラタン」を。 火を入れ過ぎないトリッパの食感がトマトソースに馴染んで、悪くない。

メインになったのが「豚すね肉の半日煮込み、ラビゴットソース」。 蕩けてグズグズになる寸前のすね肉の、圧倒するようなボリューム感をバルサミコ系統の酸味の利いたソースが随分と軽くしている。 部分的に塗られていたマスタードは余計かもね…。

ふう。早くも満腹になってしまった。 それでも好物のマンゴーのシャーベットをあしらったデザートは食べれてしまうというのは、これが所謂”別腹”か?(笑)。

ふと振り返ればワイワイガヤガヤとした満席の店内。 しかも90%UPの女性率に気がついて急に肩身が狭くなったりする。 小山薫堂氏や企画の関係者、そして芸能人が隠れ家利用で一巡する過程は過ぎて、 なんだかもうメジャー女性誌各誌に載ってしまったかのような情況にも映る。 ううむ。 帰り際、マネージャーらしき人物(「AZABUハウス」出身だという佐藤氏?)が、 「いつもはこんなじゃないのですが、すいません」と詫びてくれた。 客筋を選べない。 そんな飲食店の宿命の端緒が早くも訪れているのかもしれません。


「タワシタ」  港区東麻布1-9-3 2F [Map]
column/01920

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*